福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発3、4号の工事計画補正 関電が規制委に再提出

  • 2017年7月19日
  • 09:29
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は18日、大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設備の詳細設計をまとめた工事計画の補正書を原子力規制委員会に再提出した。審査での指摘を踏まえ、記載内容を修正した。

 補正は4回目。工事計画申請書約11万6千ページのうち、約1100ページで誤字の訂正や表現の修正を行った。関電は「今後の審査に大きな影響はない」としている。

 大飯3、4号機は今年5月、安全対策が新規制基準に適合していると認める審査書が正式決定された。安全審査は工事計画のほか、運転管理体制をまとめた保安規定の認可が必要となる。安全対策工事は7月末までに完了する見通し。関電は年内の2基の再稼働を目指しているが、県やおおい町の地元同意手続きが必要となる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース