福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「県原子力委で島崎氏招き議論を」 反原発5団体が要請書

  • 2017年7月7日
  • 08:29
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福井県の担当者(右)に要請書を手渡すサヨナラ原発福井ネットワークのメンバー=6日、福福井県庁
福井県の担当者(右)に要請書を手渡すサヨナラ原発福井ネットワークのメンバー=6日、福井県庁


 サヨナラ原発福井ネットワークなど福井県内の反原発5団体は6日、関西電力大飯原発3、4号機の基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)について、過小評価の疑いを指摘している島崎邦彦前規制委員長代理らを招聘(しょうへい)し、県原子力安全専門委員会で議論するよう求める要請書を福井県に提出した。

 要請書は、「島崎氏の指摘に対し原子力規制委員会は科学的反論をしていない」としている。その上で、県専門委で、島崎氏と国の地震動評価が過小評価だとしている大阪府立大の長沢啓行名誉教授と議論するよう求めている。さらに、6月7日の県専門委で委員から島崎氏の招聘の提案があったにもかかわらず、「呼ぶ必要はない」とした中川英之委員長の解任も要求している。

 この日は、同ネットワークのメンバーら10人が県庁を訪れ、県原子力安全対策課の担当者に、西川一誠知事と県専門委の各委員宛ての要請書を手渡した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース