福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

おおい町長、議会へ判断要請 大飯3、4号の再稼働

  • 2017年6月28日
  • 09:45
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
大飯原発3、4号機の再稼働を巡り、中塚寛町長が町議会に判断を要請した全員協議会=27日、福井県おおい町議会全協室
大飯原発3、4号機の再稼働を巡り、中塚寛町長が町議会に判断を要請した全員協議会=27日、福井県おおい町議会全協室

 福井県おおい町の中塚寛町長は27日に開かれた町議会全員協議会で、関西電力大飯原発3、4号機再稼働の地元同意の判断を巡り、「町民の負託を受けている議会の判断は重要。正式に議会の判断をお願いしたい」と述べ、町議会の意見をまとめるよう要請した。

 全員協議会後、浜上雄一議長は報道陣に「できれば9月県議会までに町長が判断できるような準備、計画をしていきたい」とし、町議会として対応していく考えを示した。

 ただ7月20日夜に開かれる町民説明会や、ケーブルテレビで放送される原子力規制庁のビデオに関する町民からの質問受け付けをまだ終えていないとし「議会としてはそれらを踏まえながら検討していく。今、この日にこういう段階に入りたいということは全く白紙の状態」と強調。町議会の意見をまとめる日程や手順については明言を避けた。

 このほか、関電が現在進めている安全性向上対策工事について「視察の予定は今のところ決定していないが、議会としても状況を把握する必要がある」と語った。

 大飯3、4号機は、5月に原子力規制委員会が定める新規制基準に合格し、関電は年内の再稼働を目指している。再稼働に向けた手続きとしては、施設の詳細設計に関する認可などのほか、県とおおい町の同意を得る必要がある。

 中塚町長は▽町議会の判断▽7月20日夜の町民説明会▽原子力規制庁のビデオに関する町民からの質問−の3点を同意判断の材料に挙げており、これらを確認してから最終判断する考えを示している。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース