福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ安全確保「妥当」評価 原子力研究開発機構が結果発表

  • 2015年9月12日
  • 08:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は11日、高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の安全確保の考え方に関するピアレビュー委員会の報告書について、国内外の専門家による評価(レビュー)を受けた結果を発表した。国内、国際レビューともに「おおむね妥当」との評価が得られたとした。

 機構は2013年12月、東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえたもんじゅの安全対策をまとめるピアレビュー委員会を設置。原子炉停止機能を喪失した場合の安全対策など16項目の要求事項を報告書にまとめ、昨年7月に原子力規制員会に提出した。

 国内、国際レビューは、機構が報告書の妥当性を確認するため実施した。

 国内、国際レビューともに、報告書の安全上の要求事項は「福島事故の教訓とナトリウム冷却高速炉の特徴を十分に考慮されたものであり、妥当」と評価した。地震や津波などの自然現象に個別の対策を講じるとした手法については、国内レビューは妥当とした上で「事業者として自ら継続的にリスクを低減させていくことも重要」とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース