福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

インド加入結論NSGが見送り 原子力供給国、11月会合

  • 2017年6月25日
  • 10:31
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 【ベルン共同】スイスの首都ベルンで開かれていた核関連物質・技術の輸出を管理する「原子力供給国グループ(NSG)」の総会は23日、閉幕した。終了後発表した声明で、核拡散防止条約(NPT)未加盟で事実上の核保有国インドの加入問題に関する結論を見送り、11月に非公式会合を開く方針を示した。

 声明はまた、北朝鮮の過去の核実験を非難し、国連安全保障理事会の決議に基づき、NSGの枠組みで管理されている北朝鮮への核関連物質・技術の輸出が禁止されていることを確認した。

 NSGには、インドと共にNPT未加盟で事実上の核保有国のパキスタンも加入を申請。外交筋によると、トランプ米政権は中国をにらんでインドとの戦略的な関係を強化するため、インドを支援しているとみられる。インドへの原発輸出を可能にする日印原子力協定を国会承認した日本も賛成の立場だ。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース