福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原子力特別委「個別要請考えず」 敦賀3、4号増設計画

  • 2017年6月20日
  • 10:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 福井県敦賀市議会の原子力発電所特別委員会は19日開かれた。国のエネルギー基本計画が見直し時期を迎え原発の新増設の扱いが注目される中、理事者は、中断している日本原電敦賀原発3、4号機の増設計画について「個別の要請は現時点で考えていない」との考えを示した。

 渕上隆信市長は今月13日の定例市議会一般質問で「敦賀3、4号機の必要性は高い」と答弁。エネルギー基本計画の中で新増設の位置付けを明確にするよう、全国原子力発電所所在市町村協議会(全原協)で国に要望する考えを示していた。

 福谷正人委員(市政会)が「3、4号機増設について市としてアクションを起こすつもりはあるのか」とただしたのに対し、理事者は「東京電力福島第1原発事故の収束が見えない中、世論は新増設に疑問がある。その中であえて3、4号機に絞って要請することは現時点で差し控えたい」と答えた。

 一方、廃炉作業が進む日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげんの廃止措置計画で、本年度末までとしている使用済み燃料の搬出が困難となっていることについて、理事者は「(原子力機構は)早急に具体的な工程を明らかにしてもらいたい」とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース