福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ廃炉作業、段階ごとに確認 敦賀市長見解

  • 2017年6月14日
  • 11:24
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
渕上市長に、もんじゅの廃炉に関する政府の基本方針決定などを伝える文科省の明野対策監(右)=13日、福井県敦賀市役所
渕上市長に、もんじゅの廃炉に関する政府の基本方針決定などを伝える文科省の明野対策監(右)=13日、福井県敦賀市役所

もんじゅ廃炉作業「段階ごとに確認」
敦賀市長見解

 政府のもんじゅ廃止措置現地対策チームのトップを務める明野吉成・もんじゅ廃止措置対策監は13日、福井県敦賀市役所を訪れ、渕上隆信市長に政府の廃炉基本方針の決定などを伝えた=写真。渕上市長は、廃炉作業の段階ごとに市として確認する考えを示し「地元に対し、しっかりと状況を説明して十分に協議しながら進めてほしい」と求めた。

 明野対策監は、政府の基本方針などをあらためて説明。「具体的な廃炉作業に移行した後も、現地対策チームを通じ状況を地元に説明する」と述べ、特にお膝元の白木区で丁寧に説明していくと強調した。

 市長は、茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の施設で起きた作業員被ばく事故の原因究明などが明確になっていない中で、政府の推進チームの会合が開かれたことに「違和感がある」と苦言。「組織的な要因をしっかりと検証し、もんじゅの廃炉体制を具体化する中で必要な事項を反映してもらいたい」と求めた。

 また市が参画を求める今後の地域振興策に関する国との協議の場について、早期に明確化するよう要望した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース