福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜3号が臨界、9日発送電開始 11日にフル稼働

  • 2017年6月8日
  • 07:38
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 6日に約1年3カ月ぶりに再稼働した関西電力高浜原発3号機(加圧水型軽水炉、出力87万キロワット=福井県高浜町)は7日午前2時半、原子炉で核分裂反応が連続する「臨界」に達した。順調にいけば9日午後2時ごろに発電・送電を開始し、11日にフル稼働する。原子力規制庁の最終試験を受けて7月上旬に営業運転に入る見通し。

 3号機は2016年3月、大津地裁が運転を差し止める仮処分を下したため、司法判断で初めて原子炉を停止した。プルトニウム・ウラン混合化合物(MOX)燃料24体を含む157体を装荷しており、稼働中の原発では四国電力伊方原発3号機(愛媛県)、高浜原発4号機に次いで3基目のプルサーマル発電を行う。

 6日午後2時に原子炉を起動した3号機は制御棒を段階的に引き抜き、起動から12時間半後、当初予定通りの時刻に臨界に達した。関電は既にフル稼働している同4号機と合わせ、高浜原発2基が営業運転に入れば電気料金を引き下げる方針を明らかにしている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース