福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

敦賀2号トラブル「レベル0」 規制委が評価

  • 2017年6月8日
  • 07:57
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 定検中の日本原電敦賀原発2号機(福井県敦賀市)で、非常用ディーゼル発電機を冷やすために水を循環させるポンプの軸が曲がったトラブルについて、原子力規制委員会は7日、「原子炉施設の安全に影響を与えない」として国際的な事故評価尺度(INES)で8段階の一番下に当たる「レベル0」と評価した。

 トラブルは昨年12月に発生。原電の調査で羽根車を新品と交換した際に傾いた状態で軸に取り付けたため、羽根車とポンプの部品が接触し、削られた金属粉が回転を妨げたことが原因と判明した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース