福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜3号機、来月6日にも再稼働 司法判断で初の運転停止

  • 2017年5月30日
  • 13:56
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
 関西電力の高浜原発3号機(左)と4号機=17日、福井県高浜町
 関西電力の高浜原発3号機(左)と4号機=17日、福井県高浜町

 関西電力が、高浜原発3号機(福井県高浜町)を来月6日にも再稼働させることが30日、行政関係者などへの取材で分かった。3号機は、昨年3月の大津地裁の仮処分決定で、運転中の原発として初めて司法判断で停止に追い込まれた。今年3月に大阪高裁が決定を取り消し、法的に運転可能となった。

 同じ決定により運転できなかった4号機は今月17日に再稼働、25日にフル稼働し、6月中旬に営業運転に移行する見込み。3号機は7月上旬の営業運転開始を目指す。今後、原子炉の冷却水の温度や圧力を通常運転中に近い状態まで上昇させる「起動試験」を実施。順調に進めば、核分裂を抑えるために炉心に挿入してある制御棒を来月6日に引き抜き、原子炉を起動させる。

 関電は電気料金について「(3、4号機の)本格運転再開後、速やかに値下げを届け出たい」(岩根茂樹社長)としており、2基の営業運転開始後、早ければ夏にも値下げに踏み切る考え。

 3号機は、昨年1月にいったん再稼働したが、同3月9日の大津地裁決定を受け、関電は翌10日に運転を止めた。再稼働後にトラブルで停止していた4号機とともに、同8〜9月に原子炉から燃料を取り出した。

 関電は今月、2基への核燃料装填を完了。燃料集合体が157体ずつ入っており、そのうち3号機にはプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が24体、4号機には4体が含まれ、プルサーマル発電を行う。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース