福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

核燃サイクル国に堅持要請 青森4市町村

  • 2017年5月27日
  • 15:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 原子力関連施設が立地する青森県4市町村の首長は26日、同県むつ市で会合を開き、核燃料サイクル政策や高速炉開発の推進を堅持するよう国に求めていく方針を確認した。今年、見直し時期を迎えるエネルギー基本計画に明記するよう働き掛ける方針。

 使用済み核燃料の再処理工場がある六ケ所村の戸田衛村長は会合後の記者会見で、高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)廃炉に言及し「国として高速炉研究に取り組む姿勢を改めて示してほしい」と強調した。

 4市町村は立地地域への財政支援充実も国に対して求めていく考えで、使用済み核燃料の中間貯蔵施設を抱えるむつ市の宮下宗一郎市長は「各地の経済状況は大変厳しい。町の様子を見て地域の実情を理解してほしい」と述べた。

 会合では、原発再稼働などの工程表を基本計画に明記するよう求めることでも合意した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース