福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

稲田防衛相に次々質問 足羽中生、苦労や夢聞き出す

  • 2017年5月25日
  • 07:18
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
稲田朋美防衛相(右)と面談する足羽中の生徒たち=24日、防衛省の大臣室
稲田朋美防衛相(右)と面談する足羽中の生徒たち=24日、防衛省の大臣室

 修学旅行で上京した福井市足羽中3年の生徒たちが24日、防衛省を訪れ、稲田朋美防衛相(衆院福井1区)にインタビューした。北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射するなど日本の安全保障環境が脅かされる中、大臣の仕事に対する姿勢を聞いた生徒は「福井人として誇りに思う。学んだことをこれからに生かしたい」と決意を示した。

 同校の企画「プロフェッショナルとの対談」の一環。生徒157人が26班に分かれ、すしチェーン「すしざんまい」社長、日本体育大学長らと面談し、素朴な疑問をぶつけた。

 稲田防衛相に会ったのは前川直樹さん、杉本蓮さん、津田雅美さん、廣本莉舞さんの4人。大臣になって大変だったことや政治家を志した理由、勉強法、今の夢や目標など次々と質問した。

 稲田防衛相は「核開発を進める北朝鮮から日本をどう守るか。日本の安全保障の環境が大変な時期を迎え、仕事の重責を感じるが、防衛の仕事はダイナミックでやりがいもある」などと説明した。

 中学3年生へのメッセージを聞かれると、「自分が目指した以上にはなれない。大きな目標を立て、毎日毎日やるべき事をしっかりこなすのが大事」とエールを送った。生徒たちは極東国際軍事裁判の法廷に使われた大講堂がある市ケ谷記念館などの主要施設も見学した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース