福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

トラブル停止後「体制、特に監視」 福井県原安課

  • 2017年5月17日
  • 09:06
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

トラブル停止後「体制 特に監視」 県原安課

 関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)が17日に再稼働するのを前に福井県原子力安全対策課は16日、県庁で記者会見し、これまでの経過と今後の工程を説明した。発送電開始時のトラブルで停止してから1年3カ月間、担当者は「運用する人、体制の面を特に監視してきた」と強調。次回定期検査まで継続的に監視していくと語った。

 同課の山本晃弘主任ら3人が、前回の再稼働準備時からのトラブルと対策をはじめ、6月中旬を予定している営業運転再開までの工程を説明した。ボルト締め付け不足による1次冷却水漏れ、機器の設定確認不備による原子炉緊急停止の2件のトラブルはともに対策が取られたとした。

 16日は、190人体制で実施している関電の安全総点検を県職員が現場で確認。17日の再稼働時に最終点検し、起動に問題がないか判断する。トラブルに即時対応できるよう、起動と臨界、発送電開始に県職員が立ち会う。

 山本主任は「温度や圧力などの状態が変化する起動から発送電開始までの間はトラブルの可能性が比較的高い。一番重要な局面」とした上で「県も体制を整え、何かあったら情報提供できるようにしたい」と語った。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース