福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発差し止めを 福井県民2人、仮処分申し立て

  • 2017年5月16日
  • 12:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを求め福井県内の住民2人が15日、福井地裁敦賀支部に仮処分を申し立てた。代理人弁護士を立てない本人訴訟で、申立書では「原発事故で放射能汚染されれば穏やかに生活する権利が失われる」と訴えている。

 関電は17日にも4号機を原子炉起動し、3号機も6月上旬の再稼働を目指している。

 申立人は2014年にも福井地裁に2基の運転差し止めの仮処分を申し立てた自営業松田正さん(67)=福井県坂井市=と敦賀市議の今大地晴美さん(66)。

 申立書では、周辺国からミサイルが飛来する予想などがあり、原発は絶対的な安全性が確保されていないとし「もっと安い安全な発電に切り替えることを望む」と主張している。今大地市議は「本人訴訟で地元の地裁支部に申し立てるという新たな運動が、全国各地に広がることを期待する」と話した。

 関電は「申立書が届いていないので、コメントを差し控える。引き続き安全性が確保されていることを裁判所に理解いただけるよう、主張・立証に全力を尽くしたい」とのコメントを出した。

 14年の仮処分申し立てに対し福井地裁は15年4月、運転差し止めの決定を出したが、関電の異議で同12月に覆った。また、滋賀県の住民らが大津地裁に申し立てた仮処分では、同地裁が昨年3月に運転差し止めを決定したが、今年3月に大阪高裁が取り消した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース