福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

チェルノブイリ事故から30年 5月13日、被ばく者の現状紹介 福井で講演会

  • 2017年5月12日
  • 11:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本科学者会議福井支部は13日、福井市の福井大文京キャンパスで、市民講演会を開く。チェルノブイリ原発事故で被ばくした住民や事故収束に従事した作業員の被害状況などを紹介する。

 講師は、東日本大震災後に調査団に参加した「原発問題住民運動県連絡会」の山本雅彦さん。「チェルノブイリ原発事故から30年・実態と現状をたどる旅」と題して話す。

 午後2時から。参加無料。問い合わせは、日本科学者会議福井支部事務局=電話090(8265)7228。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース