福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発30キロ圏、説明会開始 住民向け原発避難マニュアル

  • 2015年9月10日
  • 14:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原発災害時の避難の流れなどを町民に伝えた説明会=8日夜、おおい町大島のはまかぜ交流センター
原発災害時の避難の流れなどを町民に伝えた説明会=8日夜、おおい町大島のはまかぜ交流センター

 福井県おおい町は8日夜、同町大島のはまかぜ交流センターで、原発事故時の「住民避難マニュアル」の説明会を初めて開いた。住民からは「避難経路を増やしてほしい」などの意見が出された。今後、他の地区の住民にも順次説明会を開いていく。

 町は、行政や防災機関向けに昨年11月に策定した住民避難計画を基に、地図やイラストなどが付いたマニュアルを6月に取りまとめ、8月に町内の全世帯に配布した。

 この日は、関西電力大飯発電所から約5キロの区域(PAZ)に住む大島地区の住民を対象に行い、28人が出席した。

 中塚寛町長が「避難計画を住民の皆さんに伝え、意見をもらいながら今後の防災対策につなげたい」とあいさつした。

 町の担当者が、PAZの大島地区は、放射性物質が環境に放出される前から避難準備をする必要があることを説明。避難先となる敦賀市や兵庫県川西市への交通手段なども伝え「防災無線などで町の指示を聞いてから行動してください」と強調した。質疑応答は非公開で行われた。

 説明会終了後、40代女性は「中高生の子どもたちに避難の流れをしっかりと伝えたい。大島は避難ルートとなる国道や高速道路への道が1本しかないので、避難経路を増やしてほしい」と話していた。

 大飯発電所から約5〜30キロ圏(UPZ)の佐分利、本郷、名田庄地区の説明会は、それぞれ18、24、28日に行われる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース