福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

帰還困難区域の消火活動が難航 福島・浪江の山林

  • 2017年5月10日
  • 09:56
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている福島県浪江町の山林で4月29日に起きた火災は、消火活動が難航し、9日夕時点でも鎮火できていない。一方、インターネットで「放射性物質が飛散する」といったうわさが飛び交い、県は測定データを公表し「現時点で影響はない」と説明している。

 県によると、焼失面積は50ヘクタール以上とみられる。ヘリコプターでの散水と合わせて、陸上自衛隊や地元消防約300人が現場に入って活動している。しかし帰還困難区域は除染が手付かずで、長期間人が立ち入っていないため、通常の山林火災とは異なる対応を強いられている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース