福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

浜岡原発の廃棄物建屋床に放射性物質 ドラム缶保管室など5カ所で確認

  • 2017年5月3日
  • 10:13
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 中部電力は2日、浜岡原発(静岡県御前崎市)の「廃棄物減容処理装置建屋」で、床に放射性物質を含む粉状の樹脂が5カ所で確認されたと発表した。中部電によると、保安規定で定める基準の1平方センチ当たり40ベクレルを上回る最大141ベクレルが検出された。外部へは漏れ出しておらず影響はないという。

 確認されたのは、管理区域内で使われた作業服などを廃棄処理する建物地下2階のドラム缶保管室など2部屋の5カ所。2日午後2時半ごろ、パトロールしていた作業員が床に樹脂が落ちているのを発見した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース