福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

汚染水凍土壁、全面稼働判断へ 福島第1原発

  • 2017年4月28日
  • 09:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 東京電力は27日、福島第1原発1〜4号機の建屋周囲の地盤を凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」で、建屋西側1カ所の未凍結部分を除き、地下水の流れが多い地表付近の温度がほぼ0度以下に下がったと発表した。近く、残る1カ所も凍結を始め、全面稼働が可能かどうかの判断を原子力規制委員会に求める方針。

 凍土壁は、総延長1・5キロのうち、2号機西側の1カ所約7メートルを残して稼働している。東電によると、3月上旬に凍結を始めた建屋西側4カ所でも、地表から深さ10メートル前後の地中温度が0度以下に下がっていることが確認できたという。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース