福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

デブリ除去用の試作ロボを公開 廃炉作業向け三菱重工業

  • 2017年4月26日
  • 07:34
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 三菱重工業は25日、東京電力福島第1原発の廃炉作業で、溶けた核燃料(燃料デブリ)を取り出すためのロボットアームの試作機を、神戸造船所(神戸市)で報道陣らに公開した。原子力事業で得た知見を生かし開発を進め、国側に採用を働き掛ける。

 国は2021年に予定するデブリ取り出し作業の着手に向け、今年中に工程の枠組みを決める方針。同様の試作機を開発する東芝や日立製作所を含めた3社を中心に、担当企業の選定を進めている。

 三菱重工のロボットアームはアルミ製で全長7・1メートル、重さは約3・5トン。作業では、まず原子炉内に放射性物質が漏れない気密空間をつくり、その中にロボットアームやレールを設置する。格納容器の壁に開いた穴を通して遠隔操作でロボットアームを中心部まで近づけ、伸ばしたアームの先端でデブリを少しずつ削り、缶に収納し運び出す手順を想定している。

 ロボットを小型化するため油圧駆動を採用し、動作の精度誤差を約5ミリ以内に収めた。試作機の開発担当者は「内部環境が詳しく分からないので、いろんなことを想定しながら進めている」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース