福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

玄海3、4号再稼働あすにも同意 佐賀知事、経産相と会談 

  • 2017年4月23日
  • 09:59
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 世耕弘成経済産業相は22日、佐賀県庁で山口祥義知事と九州電力玄海原発3、4号機(同県玄海町)の再稼働を巡り会談した。知事は会談後「原子力政策について、国が責任を持って取り組む強い決意をいただいた」と述べた。同意の判断について「できるだけ早くと思っている」と話し、週明け24日にも同意を表明する考えを示唆した。

 山口知事は会談で「原子力政策は国が責任を果たすことが何よりも重要だ」と指摘。世耕氏は政府の再稼働方針に理解を求め、「誠意を持って対応する」と応じた。知事は「言葉を重く受け止める」と表明した。

 知事は(1)貯蔵場所が満杯になりつつある使用済み核燃料や、最終処分場が決まらない高レベル放射性廃棄物に対する取り組みの加速(2)原発の安全規制の充実や、電力会社への指導監督の徹底―など、国に対する新たな6項目の要請を提示。さらに、佐賀県内や近県では再稼働に反対する声が強いことを繰り返し強調した。

 世耕氏は会談前の22日午前、玄海原発を訪問した。中央制御室や3号機の原子炉周辺の建屋近くを視察し、安全確保に向けた対策を確認した。

 玄海3、4号機の再稼働を巡っては、既に玄海町と佐賀県議会が同意した一方、原発の半径30キロ圏に入る佐賀県伊万里市や長崎県松浦市の市長らが反対している。

 世耕氏は会談後の記者会見で「原子力にさまざまな意見があることは理解している。丁寧に説明していくことが重要だ」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース