福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

最終処分地候補示す基準決定 「核のごみ」で有識者会議

  • 2017年4月15日
  • 08:54
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

核ごみ最終処分地 候補示す基準決定 地図上、地下環境を分類

 経済産業省は14日、原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分に関する有識者会合を開いた。安全上問題のある火山や活断層などを避け、廃棄物を地下深くに「地層処分」する候補地になり得る地域を日本地図上に示すための科学的な基準を取りまとめた。

 政府は基準を踏まえ、各地の地下環境が地層処分に好ましいかどうかを4色に分類して塗り分ける。従来は「科学的有望地」という表現をしていたが、処分地が即座に決まるとの誤解を招くため「科学的特性マップ」に変える。政府は国民の反応や政治情勢なども考慮し、提示時期を判断する。

 基準では、火山や活断層の周辺、隆起や浸食などがある地域は、地下環境の長期安定性の観点で「好ましくない特性があると推定する地域」に分類。油田や炭田も掘削される可能性があり「好ましくない特性があると推定する地域」とする。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース