福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

核燃料加工施設、新基準で初合格 神奈川の工場

  • 2017年4月6日
  • 09:34
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0


 原子力規制委員会は5日、核燃料加工会社「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン」(神奈川県横須賀市)の工場が新規制基準を満たしているとする「審査書」を正式決定した。核燃料加工施設の新基準が2013年に施行されて以降、審査合格は初めて。

 同工場で製造する燃料は東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型用だが、原発事故後に再稼働した沸騰水型原発はない。同じ型の東電柏崎刈羽6、7号機(新潟県)は、審査終盤で免震重要棟の耐震性不足を示す試算が報告されるなどしたため、規制委から申請書の再提出を求められており合格のめどは立っていない。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース