福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

県会、町「評価済み」 高浜3、4号 再稼働へ

  • 2017年3月29日
  • 08:42
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
高浜3、4号機再稼働への流れ
高浜3、4号機再稼働への流れ

 15年3月の福井県高浜町会を皮切りに野瀬豊高浜町長、県会、西川一誠知事は、新規制基準に合格した高浜3、4号機の再稼働に同意した。仮処分決定後、2基とも原子炉から燃料は取り出したものの、新たに行った工事はない。

 今年2月に開かれた県原子力安全専門委員会後、中川英之委員長は高浜3、4号機について「人員体制や安全管理を含め、再稼働できるだけの工学的な安全性は既に確認している。この評価は変わらない」と言い切った。

 県会最大会派の県会自民党執行部の一人は「県会としては議論を尽くし、再稼働同意の意思は示した。あらためて議論することはない」と、県の判断を静観する構えだ。

 立地する高浜町防災安全課は「再稼働には同意した。昨年止まったのは司法の判断。同意判断を再び行うことは考えていない」とする。

 一方で、今年1月に高浜原発構内で起きた大型クレーン倒壊事故の対応が今なお残る。関電は「安全管理総点検が最優先」との姿勢を示し、美浜、大飯、高浜の3原発で行われている約1500件の工事について、外部有識者でつくる原子力安全検証委員会の意見を踏まえながら安全管理総点検を進めている。

 大阪高裁の決定を受け、西川一誠知事は記者団に「一度同意している」とし、「安全総点検を含め、関電が安全かつ県民の信頼を得て運用できるか、体制や姿勢を聞いた上で判断する」と話した。安全総点検について「県原子力安全専門委員会に諮るものではないと思う」とも述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース