福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

立地自治体首長「安全最優先に」 高浜3、4号 再稼働へ

  • 2017年3月29日
  • 08:44
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

立地自治体首長「安全最優先に」

 関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを覆した大阪高裁決定を受け、福井県内の立地自治体の首長は、関電が安全確保に万全を期すよう求めるコメントを発表した。

 全国原子力発電所所在市町村協議会会長を務める渕上隆信敦賀市長は「国と電力事業者はさらなる安全性向上へ不断の努力を積み重ね、今後も原子力の大前提である住民の安全安心をしっかりと確保しながら進めていただきたい」と注文した。

 県原子力発電所所在市町協議会の会長を務める山口治太郎美浜町長は「原子力を推進する立場としては喜ばしい結果」と評価。一方で、国と電力事業者には「安全安心について国民理解が深まるよう努めるとともに、発電所の運営は安全を最優先に取り組んでいただきたい」とした。

 中塚寛おおい町長は「慎重な審理がなされた上での司法判断と認識する」とした上で、「高浜3、4号機は法的に稼働できるようになったが、再稼働に向けてはクレーン倒壊事故の反省も踏まえ、国と事業者はさらなる安全確保に万全を期し、原子力に対する住民、国民の信頼回復に努めてほしい」と求めた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース