福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

佐賀の2市長が玄海再稼働反対 知事に明言、8首長は容認

  • 2017年3月19日
  • 08:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、佐賀県の山口祥義知事は18日、県内20市町の首長から意見を聴く会合を佐賀市で開いた。伊万里市長と嬉野市長の2人は、再稼働への反対を明言。条件付きも含めて8人が容認の見解を示した。残る10人は賛否を明確にしなかった。

 原発の30キロ圏にある伊万里市の塚部芳和市長は「国の政策に追随するより、住民の不安に寄り添う」と強調。嬉野市の谷口太一郎市長は、県が2月から始めた住民説明会を「避難計画の具体的な話が少なかった」と批判した上で「原発を即刻廃止すべきだ」と述べた。

 一方、佐賀市の秀島敏行市長は「再生エネルギーを確保するまでは、今ある原発を安全に動かすべきだ」と主張した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース