福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ廃炉体制「国から近く回答」 敦賀市議会の原子力特別委員会

  • 2017年3月15日
  • 10:48
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 敦賀市議会の原子力発電所特別委員会は14日開かれた。福井県敦賀市が求めている高速増殖原型炉もんじゅの廃炉作業の安全な体制などについて、理事者は「国から、近々回答したいとの意向を聞いている」と述べた。

 市は政府の廃炉決定を容認していないとの立場で、安全な廃炉作業体制、使用済み燃料と冷却材ナトリウムの敷地外への搬出工程、もんじゅ関連で働く約千人の雇用対策の“3点セット”を国に求めている。

 委員からは「廃炉作業の安全体制を求めると、廃炉を容認したと国に勘違いされる」「廃炉に至った理由などの納得できる説明を求めるのが先だ」などの意見が出た。

 理事者は「3点セットについて国からしっかりと説明された上で、初めて廃炉について議論するスタンスだ」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース