福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発ゼロ前倒し、会期内に結論 民進党が電力総連へ伝達

  • 2017年2月23日
  • 07:43
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 民進党の野田佳彦幹事長が、党の「2030年代原発ゼロ」目標の前倒しを巡り、電力総連などの幹部と17日に会談した際、6月18日の通常国会会期末までに結論を出し、法案化を目指すと伝えていたことが分かった。党関係者が22日、明らかにした。

 これまでは3月の党大会で方向性を示し、次期衆院選までに結論を得る段取りだった。

 蓮舫執行部は次期衆院選で、安倍政権との違いを示すため、原発ゼロの目標時期を「30年」に前倒ししたい意向。労組との対立が激化しており、指導力が問われている。

 一方、電力総連の幹部は基幹労連、電機連合の幹部との連名で再考を促す文書を野田氏に手渡した。文書は「安全性が確認された原発の再稼働やエネルギー政策の確立に努力してほしい」とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース