福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発再稼働理解と協力を要請 関電社長、おおい町長らと懇談

  • 2017年2月22日
  • 09:33
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力と福井県おおい町の幹部同士が意見交換する町原子力懇談会が21日、同町役場で開かれた。町によると、関電の岩根茂樹社長は、原子力規制委員会が22日にも新規制基準を満たしているとする「審査書案」を決定する大飯原発3、4号機に触れ、再稼働に向け理解と協力を要請した。

 懇談会は非公開。町によると岩根社長は、高浜原発構内で起きた大型クレーン倒壊事故について陳謝。中塚寛町長は「立地自治体だけでなく電力消費地も含め、原子力の必要性を理解してもらう活動を丁寧に進めてほしい」などと要請したという。

 懇談会は2004年8月に起きた美浜3号機蒸気噴出事故を受けて、毎年開かれている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース