福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

美浜原発3号行政訴訟 関電参加申し立て、名古屋地裁に

  • 2017年2月22日
  • 10:27
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 運転開始から40年以上経過した関西電力美浜原発3号機(美浜町)について、福井県住民3人が国に運転延長認可取り消しを求めた行政訴訟で、関電は21日、名古屋地裁に訴訟参加を申し立てた。行政事件訴訟法に基づく手続きで、関電は「裁判所に安全性を理解してもらえるよう主張・立証に全力を尽くす」としている。

 同法では「訴訟の結果により権利を侵害される恐れがある第三者」の訴訟参加を認めている。同訴訟は昨年12月9日に住民が提訴した。3月30日に第1回口頭弁論が開かれる。

 関電が、原発の行政訴訟に参加を申し立てるのは、関電高浜原発1、2号機について、県内外の住民が国に運転延長認可取り消しを求めた行政訴訟に続き2例目。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース