福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜原発3号機、蓄電池増強工事の検査申請 原子力規制委へ

  • 2015年8月7日
  • 12:42
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 関西電力は7日、高浜原発3号機(福井県高浜町)で進めていた蓄電池の増強工事について、性能などを確認する使用前検査を原子力規制委員会と経済産業省に申請した。

 非常時に中央制御室などの計器類に電気を供給する蓄電池の増強工事で、関電の自主的な安全対策のため、新規制基準とは直接関係ない。2013年6月に工事計画の認可を受け、今年3月に工事が完了していた。

 3号機は再稼働の前提となる安全審査で、今月4日に新基準に基づく約410設備の工事計画が認可され、5日に使用前検査を規制委に申請した。蓄電池の検査も同時期に受検する考え。

 また410設備のうち、使用済み核燃料貯蔵プールで燃料を取り扱うクレーンの改造工事は、電気事業法に基づく検査も必要なため同日、経産省などに申請した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース