福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

エネ庁長官、関電に注文 クレーン倒壊の高浜原発で 

  • 2017年2月18日
  • 09:05
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
資源エネルギー庁の日下部長官(右)に陳謝する関電の岩根社長=17日、経済産業省
資源エネルギー庁の日下部長官(右)に陳謝する関電の岩根社長=17日、経済産業省

 関西電力高浜原発2号機で安全対策工事の準備に使われていた大型クレーンが倒壊し建屋の一部が壊れた事故を受け、資源エネルギー庁の日下部聡長官は17日、関電の岩根茂樹社長を呼び、安全管理の徹底と地元自治体や住民への丁寧な説明を求めた。

 日下部長官は「原子力は特に安全確保が最優先される。再発防止、原因究明、徹底した安全総点検をやってもらいたい。陣頭指揮を執り、安全文化の向上に取り組んでほしい」と注文。「不信感を払しょくし、地元への説明を尽くしていただきたい」と求めた。

 岩根社長は陳謝した上で「再発防止を徹底して行い、すべての工事に対する安全管理体制を総点検する。地元の理解が第一。信頼回復に向け、丁寧に説明し理解を得ていきたい」と答えた。

 面会後、岩根社長は事故原因について「強風という気象の変化に対する情報の共有、指揮命令系統が非常に悪かった」とし、本県も求めている安全管理体制の総点検について「内容が十分かどうかを含め、さらに詳細に詰めていきたい」と述べた。

 2号機は40年を超える運転延長に向けた安全対策工事の準備作業中で、クレーン倒壊により原子炉補助建屋と燃料取り扱い建屋の一部が破損した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース