福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ベント工事119カ所で不適切 浜岡3、4号、中部電が説明

  • 2017年2月17日
  • 11:12
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 中部電力は16日、浜岡原発3、4号機(静岡県御前崎市)の重大事故時に格納容器の破損を防ぐ設備「フィルター付きベント」の設置工事で、全体の1割以上の119カ所で配管を支える器具の棒状の金具が不適切に埋め込まれていたと明らかにした。県や御前崎市に説明した。

 中部電によると、この器具は30センチ四方と25センチ四方の2種類の金属プレートに、長さ22センチの棒状の金具を溶接し、この金具がコンクリートの壁や床に埋め込まれる構造。鉄筋が多くある箇所で金具をプレートの規定以外の位置に溶接したり、金具を許容値以上に曲げたりしていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース