福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

藤田副知事「安全総点検が優先」 高浜原発クレーン倒壊、関電再稼働けん制

  • 2017年2月14日
  • 11:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力高浜原発のクレーン倒壊事故を巡り、藤田穣副知事は13日の定例会見で、仮にほかの原発が再稼働できる状況になっても、全原発を対象に実施を求めている安全管理体制の総点検を優先すべきだとの考えを示した。

 運転差し止めの仮処分を受けている関電高浜3、4号機は、月内にも抗告審の決定が出るとみられている。仮処分が覆れば法的に再稼働できるようになるが、関電に拙速な手続きをしないようけん制した形だ。

 藤田副知事は「まず総点検をお願いしており、そうしないと安心できないと言っている」と強調。実際に再稼働の手続きを進めるかは「関電のスタンスだ」としつつ、「まずは総点検してもらうことに尽きる」と述べた。

 クレーン倒壊事故を受け、藤田副知事は関電の豊松秀己副社長との会談で「安全管理の意識が徹底されていない現状では、関電の今後の運営に十分な信頼を置くことは難しい」と主張。全原発を対象に安全管理体制の点検を求めている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース