福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜1、2号耐震性原告「検証に問題」 延長認可取り消し訴訟

  • 2017年2月2日
  • 11:02
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 運転開始から40年以上経過した関西電力高浜原発1、2号機の運転延長は危険だとして、住民らが原子力規制委員会の延長認可取り消しを国に求めた訴訟の第3回口頭弁論が1日、名古屋地裁(市原義孝裁判長)で開かれた。原告側は準備書面で、規制委は蒸気発生器などの耐震性を適切に検証せず延長を認めたと訴えた。

 準備書面によると、老朽原発はより慎重な審査が求められるのに、規制委は当初必要としていた蒸気発生器の耐震性の試験を実施せずに認可した。このため原告側は「安全上看過しがたい過誤があり違法だ」としている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース