福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

関電、残業80時間超禁止 過労自殺問題で対策

  • 2017年2月1日
  • 09:23
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は31日、従業員の過労自殺や残業代の未払い問題を巡り、過労死ラインとされる月80時間を超える残業の原則禁止を柱とした再発防止策を公表した。是正勧告と指導を受けた労働基準監督署に報告した。トップが長時間労働の抑制に関与する仕組みとし、企業体質の改革を図る。

 月80時間を超える場合は、社長の許可を必要とする。約2万2千人の全従業員の過去2年間の勤務実態の調査や、申告と実際の労働時間の食い違いがないよう管理を徹底することも盛り込んだ。福井労働局敦賀労基署と大阪労働局天満労基署に報告した。

 岩根茂樹社長は31日の決算会見で「勧告指導を重く受け止めている。ワークスタイル(働き方)をこの際徹底的に変える」と宣言。前例にとらわれない大胆な業務の見直しなどを指示したと明らかにした。

 また、岩根社長は高浜原発2号機で大型クレーンが転倒し建屋の一部が壊れた事故で陳謝し、「原因究明と再発防止に万全を期す」と述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース