福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

受験生応援、転ばぬダルマ 小浜市で制作ピーク

  • 2017年1月13日
  • 08:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
合格を祈願し丹精込めて作られる縁起物の「合格ダルマ」=12日、福井県小浜市福谷のツカモト民芸センター
合格を祈願し丹精込めて作られる縁起物の「合格ダルマ」=12日、福井県小浜市福谷のツカモト民芸センター

 福井県小浜市内の民芸品店で、受験生を応援する縁起物「合格ダルマ」の制作がピークを迎えている。底が平らで「絶対に転ばない」のが特徴で、子や孫に持たせようと県内外から注文が相次いでいる。

 ダルマは、若狭塗箸(ぬりばし)の塗料に使う赤や緑、黄色の特殊樹脂を活用した民芸品。同市福谷の「ツカモト民芸センター」が約50年前に考案した。25年ほど前から「合格」の文字を入れたものも手掛ける。

 大学入試センター試験を週末に控えた12日も、注文の電話が相次いだ。昨秋に「現代の名工」に選ばれた柄本忠彦さん(69)と妻直江さん(58)が、ダルマに「へ」の字に固く結んだ口や、力強く愛嬌(あいきょう)のある目を描く作業に追われた。柄本さんは「一生懸命やってきたことは、必ず花咲くと信じている」と自らの職人人生と受験生の姿を重ねながら、丁寧に仕上げている。

 価格はサイズにより異なり、税込み1個1080円から。問い合わせは同店=電話0770(52)2590。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース