福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

豊漁願い豪快に餅まき 福井市白浜で伝統「舟祝」

  • 2017年1月3日
  • 09:09
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
餅などをまいて今年1年の豊漁を願った「舟祝」=2日、福井市白浜町の白浜漁港
餅などをまいて今年1年の豊漁を願った「舟祝」=2日、福井市白浜町の白浜漁港

 船上から餅をまき、1年の豊漁と安全を祈願する正月の伝統行事「舟祝(ふないわい)」が2日、福井市白浜町の白浜漁港で行われた。漁師らが、まき餌に見立てた小餅や直径約50センチの巨大な鏡餅などの縁起物を豪快に放ると、住民らが激しい争奪戦を繰り広げていた。

 舟祝は、島根県から尼子一族が渡来したとされる約400年前から続くという。午前9時ごろ、大漁旗や松などでにぎやかに飾られた船8隻の船主らが、自らの船に順次乗船。お神酒で餅を清めた後、約30キロ分の餅とみかんを威勢良く投げた。

 約20年前から行事に訪れているという次郎内慎一さん(69)=同市=は「縁起物を大量にゲットした。脈々と受け継がれていて正月らしい良い行事」。船主の1人、岩城治則さん(64)は「例年にない晴天で良いスタートが切れた」とすがすがしい表情を見せた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース