福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

真珠湾訪問直後、米が不快感か 稲田氏靖国参拝、メディアは批判

  • 2016年12月30日
  • 08:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 【ワシントン共同】稲田朋美防衛相による29日の靖国神社参拝について、オバマ米政権は公式な反応を示していないが、日米首脳が連れ立って真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する歴史的なハワイ・真珠湾訪問の直後のことだけに、強い不快感を抱いているとみられる。

 オバマ大統領は真珠湾での演説で「和解」が恩恵をもたらすとのメッセージを「世界中に送りたい」と強調。歴史問題で対立が続く日中、日韓関係の改善を促す意味が込められていたとも読み取れるだけに、稲田氏の参拝は米国側には、両首脳の真珠湾訪問に冷や水を浴びせる行為と映りかねない。

 米メディアも批判的なトーンで報じた。ウォールストリート・ジャーナル電子版は、参拝のタイミングが、防衛相が首相と共に真珠湾を訪れ、帰国した直後だったことに力点を置いた。

 NBCテレビ電子版は、28日に今村雅弘復興相が靖国神社を訪問したことを伝えた記事で「安倍晋三首相とオバマ大統領による歴史的な真珠湾訪問を台無しにする可能性がある」と論評していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース