福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

川内原発1号で特別点検 熊本地震の影響なしと報告

  • 2016年12月27日
  • 11:45
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 九州電力は26日、鹿児島県の三反園訓知事の要請を受けて実施した川内(せんだい)原発1号機(同県薩摩川内市)の「特別点検」で、熊本地震の影響による異常は確認されなかったと県側に報告した。川内原発の安全性に問題がないことを改めて強調し、稼働への理解を求める。

 1号機の特別点検は、9月27日から12月11日にかけて実施。九電社員ら延べ約860人が、発電設備や周辺施設に異常がないか10項目を調べた。10月6日から実施している定期検査に伴い原子炉が停止した期間には、水中カメラを使って原子炉容器内や使用済み核燃料の保管施設に損傷がないことも確認した。

 川内1号機はすでに発電を再開しており、来年1月6日に営業運転に移行する。九電は今月16日から定期検査に入った2号機でも特別点検を実施しており、来年2月後半まで1号機と同様に異常の有無を確認する。

 三反園知事は8〜9月、川内原発を即時一時停止するよう九電に2度要請。九電は即時停止を拒否したが、特別点検の実施など安全対策の強化を約束した。

 九電は当初、瓜生道明社長が三反園知事に直接点検結果を報告する構えだったが、県側と調整がつかず、この日は鹿児島支社の担当者が県の担当課に報告した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース