福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

川内原発1号機、10日営業運転開始 復水器のトラブルから復旧

  • 2015年8月28日
  • 11:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 九州電力は28日、再稼働させた川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の営業運転を9月10日に始めると原子力規制委員会に報告した。現在95%の出力は今月29日に100%に上昇させる。原子炉内で発生する熱出力を100%に保つフル出力運転は同31日に始める。九電は復水器のトラブルで出力上昇作業を一時中断していた。

 営業運転開始の前に必要な規制委の最終的な検査を9月10日に受ける。検査に合格した時点で、調整運転から営業運転に移行する。

 新規制基準に基づく審査に合格した原発の営業運転は初めてとなるため、最終検査を慎重に進めるべきだとの意見が規制委内にあり、営業運転開始が同11日以降にずれ込む可能性もある。

 川内1号機は、発電タービンを回した後の蒸気を水に戻す復水器内の冷却用配管5本に微小な穴が開いて海水が漏れるトラブルが起き、九電は今月21日に出力上昇作業を中断。その後、復水器を復旧させ、27日に出力を75%から95%に上昇させた。川内1号機は営業運転に向けた最終段階となる使用前検査が今年3月から継続中で、今月11日に原子炉を起動させて再稼働した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース