福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

強度問題の仏原発10基、稼働可能

  • 2016年12月7日
  • 09:04
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 【パリ共同】フランスの原子力規制機関、原子力安全局(ASN)は5日、重要設備の部品に強度不足の疑いがあるとしてフランス電力(EDF)に検査を指示した原発計12基のうち、10基について「稼働を認可しうる」と判断した。いずれの原発も大型鋳鋼品メーカー「日本鋳鍛鋼」(北九州市)が製造した部品を使用している。ASNが声明で明らかにした。

 残る2基はさらに詳細な検査を続ける。また、稼働に問題がないと判断した10基中3基については、EDFに追加データの採取、提出を求めた。ロイター通信によると、EDFは今月31日にも7基の運転を再開する方針。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース