福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福島、汚染雨水が再び海に流出 福島第1原発、6回目

  • 2015年9月8日
  • 10:11
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 東京電力は7日、福島第1原発の「K排水路」で、放射性物質を含む汚染雨水が外洋に流出したと発表した。外洋に直接つながるK排水路は4月から雨水をポンプでくみ上げて港湾内に流しているが、大雨でくみ上げが間に合わなかった。疑い例を含め流出は6回目。流出量は不明。

 東電はこれまで、ポンプのくみ上げ能力を上回る大雨で流れ出る可能性は年4〜5回と説明していたが「短時間の豪雨で容量を超えるケースを想定していなかった」と釈明し、今後も流出が続く可能性を示唆した。

 東電によると、7日午前3時ごろから約1時間、雨水が排水路のせきを越えて外洋に流れ出た。午前7時半ごろ採取した排水路の雨水からセシウム134が1リットル当たり100ベクレル(法定基準60ベクレル)、セシウム137が410ベクレル(同90ベクレル)検出された。

 ポンプは毎時約14ミリの雨まで対応できるが、7日午前2〜3時の降雨量は14・5ミリあった。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース