福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

廃液処理などに10年で2千億円 東海再処理施設で保管

  • 2016年12月1日
  • 09:45
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は30日、廃止を決めている東海再処理施設(茨城県東海村)で保管している高レベル放射性廃液の処理や、廃液を貯蔵している施設の安全対策などに、今後10年で約2200億円の費用が必要との見通しを示した。

 同施設には、原発の使用済み核燃料からプルトニウムとウランを取り出した残りの高レベル放射性廃液が保管されており、ガラスと混ぜて固める必要がある。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース