福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発総合訓練は県外との連携不足 福井県に市民団体が要望書

  • 2014年8月29日
  • 19:59
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力高浜原発(福井県高浜町)での重大事故を想定した31日の福井県原子力防災総合訓練を前に、若狭地域の住民有志による団体と、関西の反原発市民グループが29日、福井県に対し県外の避難先となる兵庫県との連携不足などを指摘し、再稼働を認めないよう書面で求めた。

 福井県小浜市、若狭町、おおい町、京都府舞鶴市の住民15人でつくる「原発防災訓練を憂慮する若狭の住民有志」と、市民団体「グリーンアクション」(京都市)などでつくる「避難計画を案ずる関西連絡会」の計7人が県庁を訪れ、担当者にそれぞれ要請書、要望書を手渡した。

 いずれも▽訓練の想定や内容の住民周知が不十分▽同時に避難する京都府や県外避難先となる兵庫県との連携が不足▽事故の想定が甘い―などの問題点を指摘。実効性を伴った避難計画ができない限りは、県内原発の再稼働を認めないよう求めている。

 対応した坪川利隆県危機対策・防災課長は「県広域避難計画要綱に基づき現段階で、できるだけ訓練内容に取り入れた」と理解を求めた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース