福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

緑色→トラ柄、恐竜お色直し 精悍にお出迎え、福井県勝山市

  • 2016年11月16日
  • 07:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
塗装を一新したえちぜん鉄道勝山駅前のイグアノドン=14日、福井県勝山市遅羽町比島
塗装を一新したえちぜん鉄道勝山駅前のイグアノドン=14日、福井県勝山市遅羽町比島

 福井県勝山市のえちぜん鉄道勝山駅前で観光客を出迎えている恐竜イグアノドンのモニュメントが14日、お色直しされた。これまでの緑色から一転、茶色をベースに黒のしま模様が入った“トラ柄”になり、精悍(せいかん)さが増した。

 モニュメントは全長4・3メートル、高さ2・7メートル。市観光政策課によると、約15年前に市民会館前から移転された。表面の塗装が劣化し、11日から業者が補修と塗装作業を行っていた。

 これまでは緑色の落ち着いた色合いだったが、山に隣接する同駅でも際立つよう目立つ色合いに変更。今にも動きだすような恐竜のリアル感が増した。右前足の欠けていた指1本も修復復元された。

 イグアノドンのそばにあったミニ恐竜も灰色と緑に塗装された。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース