福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

高浜1、2号で使用前検査開始 原子力規制委、40年超プラント初

  • 2016年11月15日
  • 08:44
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は14日、関西電力高浜原発1、2号機の使用前検査を現地で始めた。原則40年の運転期間を延長して再稼働を目指す原発としては、新規制基準の施行後初めて。

 ただ、高浜1号機は2019年8月、2号機は20年3月まで大規模な安全対策工事が行われており、再稼働はそれ以降となる。

 2基は今年6月、規制委の運転延長審査に合格。これを受け関電は10月7日、使用前検査を規制委に申請していた。営業運転が開始できる検査終了時期は、1号機が19年10月、2号機が20年5月となっている。

 関電によると、検査対象は各約440設備。14日は工事の品質管理の方法に関する書類検査を行った。今後、工事と並行して順次、検査が進められる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース