福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ検査規定違反なし 規制委「引き続き改善を」

  • 2016年11月3日
  • 13:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は2日、本年度第2四半期の保安検査結果を公表した。日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)は新たな保安規定違反はないと判断したが、前回検査で違反を指摘した事項と類似するものが見つかったことなどで、引き続き改善を要する状況とした。

 前回検査で、長期停止扱いとしているにもかかわらず放射性固体廃棄物を処理する設備を使用していた違反に関し、別の処理系統で同様の事例を確認した。

 また、固体廃棄物が入ったドラム缶1本を貯蔵庫に移送せず、16年間も搬出用の架台の上に仮置きしたままだったケースや、交換で取り外した屋外排気ダクトを収納箱に入れずにシートにくるんだだけの状態で貯蔵庫に5年以上仮置きしていた事例が見つかった。

 検査期間中に人為ミスが3件相次いだことについては、原因や再発防止策を今後の検査で確認するとした。

 関西電力美浜原発では、放射性固体廃棄物の管理区域外への運搬で協力会社が作成する記録に関し、廃止された旧様式のチェックシートを使っていた事例を見つけた。関電の管理不十分として違反よりも軽微な「指導」を行った。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース