福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

放射性物質拡散予測の公開求め提訴 知事相手にオンブズマン福井

  • 2014年3月18日
  • 19:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 滋賀県が福井県に提供した原発事故による放射性物質の拡散予測結果の情報公開請求で、福井県が一部を非公開と決定したのは不当として、市民オンブズマン福井のメンバーが、西川知事を相手に、決定の取り消しを求める訴訟を福井地裁に起こしたことが、2014年3月17日までに分かった。

 情報公開請求に対して県は2012年6月、「福井、滋賀両県の防災対策に関する事務の適正な遂行に支障を及ぼす恐れがある」として、滋賀県が公表した同県部分のみを公開とした。異議を申し立てたものの、県公文書公開審査会は13年8月、西川知事に「一部公開とした決定は妥当」と答申した。

 オンブズマン福井は「原発の安全性は、県民一人一人が多面的なデータに基づいて考えていくべき問題」とし、判断材料となる資料を非公開とした県の姿勢を非難している。

 提訴を受け県は、訴状が届いていないとした上で「今後の裁判の中で、本県の決定が適正であったことを主張していきたい」とコメントした。 情報公開請求したのは、福井県内の原発事故を想定して滋賀県が独自に行った放射性物質の拡散予測結果のすべての文書や資料。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース