福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「駆け付け警護」への理解求める 稲田朋美防衛相が勝山で演説

  • 2016年10月31日
  • 07:24
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
街頭演説する稲田朋美防衛相30日、福井県勝山市元町1丁目
街頭演説する稲田朋美防衛相30日、福井県勝山市元町1丁目

 稲田朋美防衛相は30日、福井県勝山市内で街頭演説した。南スーダン国連平和維持活動(PKO)に関し、安全保障関連法での陸上自衛隊の「駆け付け警護」について「現地の情勢をしっかり見極めた上で、世界平和貢献をしていきたい」と述べた。

 自民党勝山支部の主催でマイクを握った。稲田防衛相は7月に武力衝突があった南スーダン情勢について「現在は比較的落ち着いている」と言及。自衛隊新任務となる「駆け付け警護」については「特別なことではなく、緊急時に人道上の要請で助けるもの。日本の世界平和貢献になる」と強調し、理解を求めた。

 北朝鮮については「何をするか予測不可能。脅威は新たな段階に入ったといっても過言ではない」とし、防衛大臣としての職務に「全身全霊で取り組む」とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース